ワキガの原因

50%OFF・送料無料ミョウバン柿渋石鹸
(ナチュラルクリアソープ) 70g ●10個入りワキガ 体臭

ワキガの原因としては「アポクリン汗」「エクリン汗」「皮脂」「細菌」の4つが上げられます。
一言でいうと、「アポクリン汗と皮脂が、エクリン汗の湿り気で混ざり合い、それを細菌が分解する」ことでわきがは発生しています。ちなみに、この中のエクリン汗は、ワキガの臭いを広範囲に広げる効果もあります。
ワキガを治療したければ、このわきがの原因からきっちり対策していかないと意味がありません。

ワキガの予防(Hケミッテルクリーム)

わきがの予防にカネボウ製薬から販売されているHケミッテルクリームが評判がよいようです。
カネボウ製薬は最近わきがに対する非常に興味深い発表をし、注目を集めています。そのカネボウの商品がHケミッテルクリームです。
成分としてはわきがの予防に有効とされる天然成分アルテアとセージを使用したもので無香料、無着色の商品です。殺菌成分も配合されており、わきがの原因になる雑菌を強力に殺菌し、臭いを防いでくれます。
このクリームは容器から直接塗れるようになっていて出かけた先でも手軽に使用できるようになっているようです。
一日数回は塗らなければならないようですが、その分手軽に使用できるようになっており注目の商品のようです。

ワキガの手術

においの原因になる汗を出すアポクリン腺(せん)を取り去ります。この手術には二種類あり、どちらも一長一短です。
その一つは、剪(せん)除法です。わき毛が生えている部分の中央を一ヵ所6〜7cmほど切開して、皮膚をはがして引っ繰り返し、目で見ながらアポクリン腺をはさみで切り取る方法。手術の所要時間は一時間ほどです。目で見ながら手術をするので、アポクリン腺の取り残しがなく、確実な手術ですが、切開した跡が残ります。
もう一つは吸引法です。わき毛が生えている部分の両端をそれぞれ5〜7mmほど切開し、カニューラという器具を挿入してアポクリン腺がある皮下組織をかき取りながら吸引する方法。手術時間は30分程度。切開の跡はほとんど残りませんが、目で見ながらの手術ではないので、アポクリン腺を取り残すこともあります。

スポンサードリンク

ワキガの治療薬

ワキガを完治させるためには、外科手術しか方法がありません。しかし、軽度のワキガや日常生活を送る上で差し支えがない程度ぐらいの効果で満足するならば、治療薬を使うという方法もあります。手術などの治療法に比べて手軽で、かかる費用もお手頃ですので、ワキガを気にしている人におススメです。
ワキガの治療薬についてですが、抗生物質が入った軟膏タイプのものや、汗の分泌を抑制するフェノキシベンザミンや、プロパテリンという治療薬があります。
ここで注意してほしいことは、ワキガの治療薬は、一時的に臭いを抑える作用はありますが、根本的な解決策とはなりません。時間が経てば、効果は薄れてきます。わきの下を清潔に保ちながら、数回に分けて治療薬を塗りこむようにするのが、ポイントです。